鉄塔完成までの流れと仕事内容

鉄塔完成までの流れ

① 調査・設計 ⇒ ② 仮設工事 ⇒ ③ 基礎工事 ⇒ ④ 組立工事 ⇒ ⑤ 架線工事 ⇒ 完成 ⇒ 保守・点検
construction7

仕事内容

調査・設計

送電線ルートを選定するにあたり、事前調査を行います。地表の高低や起伏、地層の性質・状態・種類、気象などの条件や、私たちの生活環境に影響を与える条件、鉄塔完成後の保守・点検の難易度、工事費用などの結果を基に判断します。ルート決定後は測量調査を行い、その結果を基に鉄塔を設計します。

施工管理

現場では安全に配慮しながら作業員をまとめ指揮を執る「安全管理」、工事にかかるお金の「予算管理」、工事のスケジュールを立て期日までに終わるように調整する「工程管理」、電気を安定して届けられるよう「品質管理」をする仕事です。

鉄塔 施工管理 架線工事 ラインマン 中部電気工業(株) 作業員

仮設工事

工事現場へ資機材を運ぶ通路を作ったり、工事用地を整備したりして、工事を始める準備をします。

鉄塔建設 仮設工事 索道

基礎工事

鉄塔の脚を支える強固な基礎を作るため、数十メートルの深さまで掘って杭を打ちます。
仮設工事

組立工事

クレーンを使って部材を吊り上げ、鉄塔を組み立てます。

送電線工事 鉄塔組立工事

架線工事

一定区間ごとに電線を張り、鉄塔と電線を絶縁するがいしを取り付けます。

架線工事

鉄塔完成

鉄塔建設


保守・点検

古くなった部品等を交換したり、鉄塔の建て替え工事などをします。

送電線工事 保守・点検

PAGE TOP