2011年 あの年から繋がっていたご縁に感謝

ST式油圧ウインチ・株式会社エステー

4月16日 東北 宮城県石巻市にある企業様をご訪問しました。この企業様は、我々架空送電線工事には欠かせないワイヤーを巻き取るウインチを製作しているメーカーさんであります。この企業様の所在地は、宮城県石巻市の沿岸沿 2011年3月11日あの東日本大震災で大津波が襲った場所にあります。

私はあれから8年が過ぎ見事に復活された企業様の現在の姿とその企業を率いる代表者の思い、そしてそこで働く従業員さんの笑顔に触れ、心を暖めていただく事が出来たので、ご報告させていただきます。

宮城県石巻市

震災によって全ての機械が流されゼロからのスタート。奇跡的に助かった製作図面データが廃業の選択肢から奇跡の復活へと導いたそうです。

今回初めて社長様からお聞きし、私も知らなかった事実を知る事が出来ました。私にとっても2011年は非常に大きな転換期でありました。その年、当社では受注した事の無い大きな工事案件を受注出来たことで、絶対に当社では手が届かないと思っていたこのメーカーさんのウインチを思い切って発注した年でした。

そしてその時に発注した当社1台目のウインチこそが、今回ご訪問させていただいたメーカーさんが混乱の中で皆さんの力を合わせ震災後納車1号機として製作していただいたウインチだったのです。

ST式油圧ウインチ・株式会社エステー

社長さんは「今でも御社に納車させていただいたあの日の事を忘れていないですよ。本当に嬉しかった」「それまでの販売実績資料は全て流されましたので、あのウインチが我々のスタートなのです。」「全てを失ったと思ったが私には社員がいてくれました。全ては社員のおかげです。」とおっしゃった社長のお言葉をお聞きし、心から感銘を覚えると共にその記念すべき1号機を当社に納めていただけたことに深い感謝の念に包まれました。

8年の月日が過ぎそのメーカーさんはその後350台以上のウインチ製造を実現されました。当社もあの時、思い切って購入したウインチを現在では4台にまで増やすことが出来ました。そんな強いご縁を感じ、改めて、このメーカーさんと共に新たな挑戦をさせていただきたいと心に誓った一日でした。ご縁に感謝 ありがとうございます!

21日からミャンマーに入っています。ここでも「石巻」にご縁を感じてます。

関連記事

  1. 経営コンサルタント養成課程 中小企業診断士コース
  2. 鉄舟寺にて殉職者慰霊式
  3. 公益財団法人 日本生産性本部 コンサルティング部 嵯峨さま 中部電気工業株式会社 谷真孝
  4. 年末年始の現場の様子
  5. 「全国送電線路工事殉職者合祀慰霊式」に参列しました
  6. 中部電力株式会社 加茂電力センター 感謝状 電線損傷 緊急対応要請 早期復旧 電力の安定供給

採用情報

ラインマンという選択

最近の記事

  1. メッセナゴヤ2019 中部電気工業株式会社 ミニボ
  2. ラインマン
  3. 鉄塔の老朽化
  4. TBSさんの番組「ひるおび」に写真提供させていただきました

共回り防止工具「うらもちくん」

共回り防止工具 うらもちくん

PAGE TOP