鉄塔の組立工事現場、いよいよベンド!

送電鉄塔組立工事 クライミングクレーン

ベンド??

ベンドとは、鉄塔の脚は傾斜になっている部分と垂直になっている部分に分かれている地点を指します。この傾斜の部分の組立工事が23日(月)に終わりました。

ここからの作業は早いです。傾斜になっている部分よりも部材が軽く垂直なので組みやすいため、傾斜部分よりも早く組み立てられます。28日(土)にはトップまで組立完了。

送電鉄塔組立工事

ちなみに、鉄塔に昇るのは垂直部分のほうがきついそうです。傾斜部分は「足の力で昇る」けれど、垂直部分は「腕の力で昇る」、慣れないときは足がプルプル震えてくるんだとか。

古い鉄塔はお父さん? 新しい鉄塔は息子? まるで親子のように新しい鉄塔に背丈を越された古い鉄塔は、あと少しで役目を終えます。新しい鉄塔がよりたくましく見えます。

送電鉄塔組立工事 クライミングクレーン 送電鉄塔組立工事 クライミングクレーン

関連記事

  1. 無事故無災害で完工
  2. 遠く離れた場所での作業
  3. 板取の現場から
  4. 御母衣湖でスケッチ
  5. 牧場とラインマン
  6. 送電線巡視パトロールのヘリコプター

ラインマン・中部電気工業という選択

ラインマンという選択

最近の記事

  1. 昇塔あり!5日間のインターンシップ
  2. 三保の松原
  3. 国土交通省主催「海外進出戦略セミナー」にてミャンマー進出経験談
  4. KRMコーポレーション 新入社員

共回り防止工具「うらもちくん」

共回り防止工具 うらもちくん

PAGE TOP