鉄塔の組立工事現場、いよいよベンド!

送電鉄塔組立工事 クライミングクレーン

ベンド??

ベンドとは、鉄塔の脚は傾斜になっている部分と垂直になっている部分に分かれている地点を指します。この傾斜の部分の組立工事が23日(月)に終わりました。

ここからの作業は早いです。傾斜になっている部分よりも部材が軽く垂直なので組みやすいため、傾斜部分よりも早く組み立てられます。28日(土)にはトップまで組立完了。

送電鉄塔組立工事

ちなみに、鉄塔に昇るのは垂直部分のほうがきついそうです。傾斜部分は「足の力で昇る」けれど、垂直部分は「腕の力で昇る」、慣れないときは足がプルプル震えてくるんだとか。

古い鉄塔はお父さん? 新しい鉄塔は息子? まるで親子のように新しい鉄塔に背丈を越された古い鉄塔は、あと少しで役目を終えます。新しい鉄塔がよりたくましく見えます。

送電鉄塔組立工事 クライミングクレーン 送電鉄塔組立工事 クライミングクレーン

関連記事

  1. 板取の現場から
  2. 削岩機で岩盤を砕く(鉄塔基礎工事・堀削)
  3. モノレール 送電鉄塔工事現場
  4. 鉄塔建設 現場 岐阜県関市板取
  5. KRMコーポレーション 新入社員
  6. 鉄塔組立工事

採用情報

ラインマンという選択

最近の記事

  1. メッセナゴヤ2019 中部電気工業株式会社 ミニボ
  2. ラインマン
  3. 鉄塔の老朽化

共回り防止工具「うらもちくん」

共回り防止工具 うらもちくん

PAGE TOP